除菌力✕納得コスパの業務用・次亜塩素酸水溶液

ウィッキル(次亜塩素酸水溶液)ロゴ

株式会社 万立(まんりゅう)

072-977-0898平日9:00~17:00
MENU

ウィッキルの使い方

濃度設定の目安

次亜塩素酸水溶液は、除菌の目的によって概ねの目安となる濃度(ppm)が異なり、原液そのまま、または水(水道水)で希釈して濃度を調節して使用します。

目安となる濃度設定については、大きく分けて主に次の3つがあります。概ねこの濃度に調節して使用すれば良く、濃度が丁度良い場合は原液そのまま使えますが、濃い場合は必ず希釈する必要があります。

① 空間噴霧による除菌・消臭

50ppm

② 日常的な除菌・消臭

100ppm

③ 吐しゃ物・排泄物の処理

400ppm

※あくまで目安としての濃度です。

※ウィッキルの希釈の仕方はこちらをご覧ください。

①空間噴霧による除菌・消臭 50ppm

ウィッキル希釈表 50ppm 噴霧

②スプレーボトルによる除菌・消臭 100ppm

500ml スプレー 希釈 100ppm

③吐しゃ物処理 400ppm

ウィッキル 希釈 400ppm

ダウンロードしたい方はこちら→ウィッキル希釈早見表

濃度別の使い方

各素材別の使い方です。

① 噴霧器で空間噴霧する、または色落ちが気になる素材を除菌する場合(50ppm)

●噴霧器で空間噴霧する場合

必要な倍率に薄めるため、噴霧器のタンクに必要な量のウィッキルを入れてから、満タンまで水道水を入れます。

  • 除菌方法 室内除菌 超音波噴霧器 水の入替え1
  • 除菌方法 室内除菌 超音波噴霧器 水の入替え2
  • 除菌方法 室内除菌 超音波噴霧器 水の入替え3
  • 除菌方法 室内除菌 超音波噴霧器 水の入替え4

ウィッキルを計量カップで測り、タンクに入れてから、タンクが満タンになるまで水を入れます。

タンクを本体にセットし、スイッチを入れます。

※出力強度が調整できる場合は、空間の広さや稼働時間を参考にします。
※必ず事前に次亜塩素酸水対応の噴霧器であることをメーカーに確認してください。製品の故障に繋がります。

※希釈の仕方については、上のウィッキル希釈表をご覧ください。

●色落ちが気になる素材を除菌する場合

特に色落ちが気になる衣類の除菌については、100ppmでも問題ありませんが、気になる場合は少しだけ濃度を下げて50ppmにして使用すると安心です。

ただ、その場合は除菌により時間がかかるため、少しだけ漬け置きをすると効果的です。

② 日常的な除菌・消臭の場合(100ppm)

基本的に、「水が使えない(変質・変形する)箇所」を除き、様々なモノの除菌に使用できますが、素材によっては注意が必要なものもあります。

また、拭き取る際にはやさしく行います。強くこすると素材が傷んだり変色する可能性があるため、注意が必要です。

布・繊維(待合室のソファ、カーテンチェア、ペット、衣類、タオル・・・など)

→スプレーで軽く吹きかけます。

※100ppm程度ではあまり色落ちの心配はありませんが、心配な場合は目立たないところで試してみると安心です。

※後染めなど色落ちし易い素材には適しません。

皮・合皮(待合室のソファ、チェア、鞄、靴・・・など)

→スプレーで軽く吹きかけすぐ拭き取ります。
あらかじめ目立たない箇所で試してみることをお勧めします。

プラスチック・アクリル等の化学製品(容器、おもちゃ、道具、文具、感染対策の透明板・・・など)

→スプレーで吹きかけてから、拭き取ります。

※透明なアクリル板にアルコールを使用すると白く濁る場合がありますので、ウィッキルの使用をお勧めします。

木材(化粧板などで表面がコーティングされているもの)

→表面が軽く濡れる程度にスプレーで吹きかけてから、拭き取ります。

※表面がコーティングされていないものや、漆喰など水分を吸い込み易い材質の場合は使えません。目立たないところで試してみると安心です。

金属(ドアノブ、手すり、取っ手、蛇口・・・など)

→スプレーで吹きかけてから、すぐ拭き取り(調理器具など水周りの場合は洗い流し)ます。

※すぐに拭き取れば(洗い流せば)、それほど腐食の心配はありません。

床・壁

→スプレーで吹きかけてから拭き取ります。

※漆喰等、水を吸う素材には使えません。ふすまや障子にも使えません。

※使えないモノ・場所

次のようなモノ・場所には使えません。

・電子機器、精密機器・・・水で濡れると壊れる恐れがあります。布巾で軽く拭く程度にします。

・手指、皮膚・・・厚生労働省は手指消毒には「非推奨」としています。(ただし、ウィッキルは肌と同じ弱酸性ですので安全です。)

③吐しゃ物・排泄物の処理(400ppm)

1.手袋、マスク、使い捨てのエプロンを着用します。

2.対象物を、ウィッキルで濡らしたペーパータオルで覆います。

3.さらにウィッキルをかけ、周りから中央へ集めるようにして対象物を取り除きます。

4.対象物があった箇所にウィッキルをたっぷりかけてから拭き取ります。

5.汚れがひどい場合は、再度ウィッキルをかけ、臭いがしなくなるまで行います。

拭いたペーパータオルは、その都度ビニール袋に入れ、密封して廃棄してください。

充分安心できる濃度での除菌がお勧めですが、400ppmより濃度が高くなると漂白や素材が傷む可能性が高まるため注意が必要です。

※濃度と使用方法の一覧もございます。ダウンロードしたい方は「ウィッキルの推奨濃度と使用方法」をご利用ください。

ウィッキルのダンボール箱について

ウィッキルの18Lや10L製品は段ボール箱に入っています。

この段ボールの中に、このようなビニールバッグが入っていて、この中にウィッキルが入っています。

キャップの部分をコックに付け替えて注ぎます。

段ボール箱に入っているので、遮光されます。

紫外線に弱いウィッキルは、この段ボールに守られています。

ウィッキルの開封の仕方

注ぎ口のミシン目の部分に沿って、指を使って開けていきます。

カッターナイフやハサミ等を使用すると、中のビニールバッグに傷つけてしまい、

漏れの原因になりますので、指で開けてください。

空けると、キャップが見えます。

その奥に、コックが入っています。輪ゴムでキャップにひっかかっていますので、

それをはずしてコックを取り出してください。

ビニールバッグのキャプを丸い穴から引き出します

丸い穴から口の部分が全部出るまで引き出します。

キャップを外します。

中栓がついているタイプは中栓もはずします。

コックを取り付け、しっかり閉めます。

きちんと閉まっていないと、こぼれる原因となりますので、必ず閉まっているか確認してください

400ppmや1000ppmは服やじゅうたんなどにかかると、漂白の原因になる場合もありますのでご注意ください。

セット完了です。

取扱いの注意点

次亜塩素酸水溶液は、使用上及び保管時において主に以下の点で少しだけ注意が必要です。

1.使用する時

・布製品は漂白の可能性があるため、気になる場合は目立たない場所で試用してから行う

・金属類は腐食の可能性があるため、使用後すぐ拭き取る(包丁等の場合は水で流す)

・電子機器、精密機器への使用は注意が必要(直接かからないようにし、軽く湿らせた布で拭く)

2.保管時の注意点

・紫外線、空気、高温に弱く塩素濃度が低下するため、遮光・密栓・冷暗所での保管が必要

・希釈した次亜塩素酸水溶液は濃度低下が早まるため、概ね1ヶ月程度の短期間で使い切る

・使用期限が切れた場合は塩素濃度が不足している可能性があるため、使用せずに下水に流して廃棄する

・使用期限内であっても、保管状況等により塩素臭がしないなど濃度が不足している可能性がある場合は廃棄する

その他の注意点や疑問は「よくあるご質問」へ

効率的な除菌方法のご提案

毎日の作業負荷を減らす、効率よく「ラク」に、かつ「しっかり」除菌する方法をお勧めしております

次亜塩素酸水溶液による除菌は、室内の床や壁、備品など様々な場所にスプレーボトルで吹きかけた後に布で清拭するのが主な方法です。

しかし、事業所の面積が広い、部屋数が多い、使用備品数が多い場合などは、毎日丁寧に拭き取りをするのも時間がかかるだけでなく相当な労力を強いられることになります。 毎日必要な除菌作業だから、少しでも作業負担を少なく、かつしっかり行いたいものです。

そこで、ウィッキルを使用した効率的な除菌方法をご提案いたします。