清掃のプロが選ぶ!除菌消臭用 次亜塩素酸水溶液

ウィッキル(次亜塩素酸水溶液)ロゴ
MENU

コラム

釣りのあとの魚臭いニオイも次亜塩素酸水溶液でとれます

コロナ禍の中、密を避けて魚釣りに出かける方も多いのではないでしょうか?

とても楽しいのですが、釣りに行くと、魚臭い生臭いニオイがいろんなところに残ってしまいますよね。

そんなニオイにはどう対処されていますか?

 

 ・石鹸で何度も洗う

 ・消臭剤でごまかす

 ・ひたすら我慢・・・

 

いろんな方がいらっしゃると思います。

今回は、万立の釣りヲタから、オススメの次亜塩素酸水使用方法を紹介します!

 

①魚を触ったグローブや手のニオイとりに(100ppm)

釣りをしたときの手は、何度手を洗っても魚のニオイがとれないですよね。

その手で、車のハンドルを握って帰るのも躊躇されます。

そこで、手を洗った仕上げに100ppmの次亜塩素酸水溶液を

3プッシュほどスプレーすると、手のニオイは気にならなくなります。

(※医薬部外品でないので、直接手に触れていいとはいえません。皮膚への利用は個人の判断によります。)

彼の場合、次亜塩素酸水で手は荒れないので重宝しているのだそうです。

一緒に釣りに行かれた方々にも勧めてみたそうですが、ニオイがとれたと言って喜んでくださったのだそうです。

 

 

②クーラーボックスなどのグッズに(400ppm)

釣った魚を入れるクーラーボックスのニオイは、生臭くて魚臭く…なかなか手ごわいです。

100ppmの次亜塩素酸水溶液をクーラーボックスに1/3程度溜めて

ナイロンタワシでゴシゴシこすってみましたが、

いったんニオイはとれたのですが、またニオイが戻ってきてしましました。

そこで、400ppmで同様の作業をしてみましたら、キレイにニオイがなくなりました。

クーラーボックスについたニオイは、400ppmの次亜塩素酸水溶液を1/3程度溜めてスポンジなどでゴシゴシするのが効果的です。

(400ppmは脱色する可能性がありますので、衣服につかないようにお気をつけください。)

他にも、釣りで使った椅子やシートなどのグッズには、

100ppmの次亜塩素酸水溶液をたっぷり吹きかけて乾かしておくと、

ニオイが気にならなくなります。

 

 

 

③帰りの車の社内の噴霧!(50ppm~100ppm)

魚臭くなった釣り道具を車に乗せると、車の中のニオイが気になります。

そんなときは、車内に100ppmの次亜塩素酸水溶液を10プッシュくらいスプレーしてから乗ると、車内のニオイが気にならなくなり爽やかに運転できます。

小さな噴霧器で50ppmの次亜塩素酸水溶液を空間噴霧するのもオススメです。

 

 

 

 

④魚をさばいたまな板に!(100ppm)

釣ってきた魚を裁くのも、釣りの醍醐味ですよね。

まず作業前に、シンクやまな板を清潔にするため、100ppmの次亜塩素酸水溶液を全体的に(シンクとまな板それぞれに10プッシュづつくらい)ふきかけます。

それから、魚をさばきます。

作業した後のまな板やシンクは、ニオイが臭くて家族に怒られてしまいます・・・

そこで、作業のあとのシンクやまな板にそれぞれ10プッシュずつ程度ふきかけて洗っておくと、すっかりニオイが消えて家族円満です。

 

 

 

次亜塩素酸水溶液は、除菌にも消臭にも使えて、引火性もないのでアウトドアのお出かけにぴったりです。

ただ、以前のコラムでも述べたように、次亜塩素酸水溶液は紫外線に弱いので、太陽光が当たらないように気をつけて携帯してください